安心の保証

住宅瑕疵担保責任保険

平成21年10月1日から住宅瑕疵担保履行法が施行され、平成21年10月1日以降に引き渡される新築住宅については、瑕疵(欠陥)の補修等が確実に行われるように、 保険や供託が義務付けられることになりました。平成12年に制定された「住宅の品質確保の促進に関する法律」では、消費者保護のために売主または請負人に対して、 住宅の構造耐力上主要な部分と雨水の浸入を防止する部分について10年間の瑕疵担保責任を義務付けていましたが、住宅瑕疵担保履行法は、事業者が、これらの部分について 瑕疵担保責任を確実に履行するための資力確保を行うことを義務付けたものです。

また、保険が付与された住宅は、専門の紛争処理制度を利用することができます。また、万が一、事業者が倒産しても、保険法人から直接、住宅取得者に2000万円までの補修費用が支払われます。

ただし、住宅瑕疵担保責任保険の対象となる部分は、構造耐力上主要な部分と雨水の浸入を防止する部分です。具体的には、柱・基礎・外壁・屋根などがあります。

地盤サポートシステム

いくら高品質で耐久性・耐震性に優れた住まいでも軟弱な地盤の上に建っていては意味がありません。当社では、ジャパンホームシールド株式会社の地盤サポートシステムにより、最適な方法で地盤調査・解析を行い、業務完了後には品質の証として「品質保証書」を発行いたします。お引き渡しの日から10年間、不同沈下しない地盤品質を保証します。

シロアリ生涯保証

新築をご予定の施主様にとって、大切な家屋に深刻なダメージを与えるシロアリ被害は、まさに脅威です。安心して暮らせる家の確保のために、シロアリ対策を積極的に行う施主様が多いことも頷けます。三井化学アグロの「タームガードシステム」は、日本と同様にシロアリの被害が甚大なオーストラリアで誕生した画期的なシロアリ防除システムです。新築時にシステム(パイプ)を設置し、薬剤を5年サイクルで継続的に注入することで、シロアリを確実に防除します。確実で安全、しかも一生涯の安心を施主様にお約束できます。