工法・構造

  • 木と鉄の複合梁「テクノビーム」と高強度オリジナル接合金具を使用し、さらに構造計算や耐震実験など、最先端の技術を導入した「パナソニック耐震住宅工法 テクノストラクチャー」。
    「木か鉄か」という選択肢では得られない、木造と鉄骨造の両方のメリットを活かした「第三の工法」です。

    詳細を見る

  • 『YSストロングフレーム』は土台・柱・梁など(構造材)の集成材の端部に2本のスリット加工を施し、これらをタツミ社のクレテック金物(アゴ掛け金物・ホゾパイプ・ドリフトピン等)で結合する「メタルジョイント構法」です。

    詳細を見る