木+鉄のオリジナル複合梁、テクノビーム

テクノストラクチャーでは、家を支える大切な梁に木と鉄の複合梁「テクノビーム」を採用。接合部も金具で強化し、ムクの柱の1.5倍の強度を持つ集成材柱で更に耐震性を高めています。

テクノビームとは?

鉄骨を芯材に、上下を木ではさんだテクノストラクチャー工法オリジナルの複合梁です。優れた強度を誇ります。
同サイズの木製梁と比較すると、曲げ強度3倍以上、たわみ量約1/4以下。強さに加え、安定した品質を保つ先進の「テクノビーム」が、地震や台風に強い新しい木の住まいを支えます。

長期荷重に耐えられる高耐久性能

軸組構造の建物の重要な構造材である梁は、荷重により若干のたわみが生じます。特に木製梁の場合は、樹種、乾燥度合い、筋や割れの状況によって強度や品質のバラツキが大きく、ズレやキシミなどの原因となります。また木製梁は長期間荷重がかかり続けると、たわみ変化量が年々増えていくクリープ変形という現象が起こり、これにより引き戸の開閉がしにくくなるなど、住宅に様々な不具合が生じます。

しかし、鉄筋を芯材としたテクノストラクチャーでは、このクリープ変形がほとんど進行しません。木質構造設計基準では木製梁のたわみ量を、柱間の距離の1/300と規定されていますが、テクノストラクチャーではより構造の安全性に配慮し、床棟と根太のたわみ量を1/600以下と設定し、たわみの量を半分以下におさえる設計にしています。

テクノビームの防錆処理

錆からテクノビームを守る溶融亜鉛めっき

テクノビームの芯材となる軽量H形鋼には、防錆作用に優れた溶融亜鉛めっき処理を施すことで、住宅性能表示制度における劣化対策等級3(最高等級)の基準をクリアしています。
※梁に鋼材を使用する場合、等級3において、めっきの両面付着量はZ25(250g/m²)と規定されています。テクノビームのめっきはZ27(275g/m²)の付着量で、錆からビームをしっかり守っています。

溶融亜鉛めっきの犠牲防蝕作用

亜鉛は鉄よりも先に反応する性質があるため、万一鉄素地が露出しても亜鉛が先に反応して緻密な保護被膜をつくります。これを犠牲防蝕作用と言い、亜鉛が鉄そのものを錆から守ってくれるのです。